湿気と冷房の影響2

湿気と冷房の影響2 | 鍼灸薫風堂 | 名古屋市瑞穂区の鍼灸治療院

 

東海地方は月曜日に梅雨明けしました。

 

連日30℃を超えるほどに暑いです。

 

当然、さらに汗をかきやすくなります。

 

前回に汗をかいたときは拭うこと、着替えることについて少し触れました。

 

赤ちゃんや小さなお子さんは特に汗をかきやすく、ご両親たちが着替えさせてくれますが、大人の場合はこまめに着替えるという人はすくないように思います。

 

着替えを常に持ち歩くことは荷物が増え、洗濯物も増えるので手間だと感じてしまう方も多いのではないでしょうか。

 

近年では汗拭きシートで済ませてしまう方が多いかもしれません。

 

私は手間でも着替えを持ち歩いて、汗をかいたら着替えた方が良いと考えます。

 

濡れた服を着たまま過ごせば風邪をひくとどなたも想像すると思います。

 

汗で湿ったくらいでは大丈夫と考える人もいるかもしれませんが、実はその湿りでも体には影響をもたらします。

 

つづく。


ブログメニュー




鍼灸薫風堂 | 名古屋市瑞穂区の鍼灸治療院


鍼灸薫風堂 | 名古屋市瑞穂区の鍼灸治療院
鍼灸薫風堂 | 名古屋市瑞穂区の鍼灸治療院
■ Address
 
〒467-0013
名古屋市瑞穂区膳棚町3-17
ハウジング101-106号
■ TEL&FAX
 
FAX兼用 : (052)838-6482

 

お問合せ


 

受付時間