湿気と冷房の影響3

湿気と冷房の影響3 | 鍼灸薫風堂 | 名古屋市瑞穂区の鍼灸治療院

 

今日もとけそうなほど暑いですね。

 

朝に治療院へ到着時点で室内30℃でした。

 

院内に入って最初に温度と湿度を確認しますが、朝から30℃を表示していることははじめてでした。

 

夏でも汗をあまりかかないという方が時々みられます。

 

考えられる理由は色々あります。

 

汗をかくことは体温調節する働きです。

 

お仕事で一日中オフィスにいるために汗をかくことがすくない方も多いです。

 

自然界において今の時期のように暑い時は、体も陽気に傾いています。

 

陰陽の平衡を保つためにはある程度、汗をかく必要があります。

 

汗をかきにくい人はこの平衡を保つことが苦手なために悪影響をもたらすことがあります。

 

疾患的には皮膚疾患や精神疾患、運動器疾患など幅は非常に広いです。

 

エアコンは現代では必要です。

 

しかし、陰陽の平衡を保つ上では日常のどこかにおいてリセットする必要があります。


ブログメニュー




鍼灸薫風堂 | 名古屋市瑞穂区の鍼灸治療院


鍼灸薫風堂 | 名古屋市瑞穂区の鍼灸治療院
鍼灸薫風堂 | 名古屋市瑞穂区の鍼灸治療院
■ Address
 
〒467-0013
名古屋市瑞穂区膳棚町3-17
ハウジング101-106号
■ TEL&FAX
 
FAX兼用 : (052)838-6482

 

お問合せ


 

受付時間