不眠症について

不眠症について | 鍼灸薫風堂 | 名古屋市瑞穂区の鍼灸治療院

不眠症という状態は、患者さんにとってとても苦痛になるものです。

 

これは肉体面だけでなく、精神面でも同様です。

 

病院に行けば、精神薬などの脳の神経伝達に作用するお薬が処方され、一度飲み始めればいつやめらるのかはわからない、ゴールのないマラソンが始まります。

 

うつ病などの病気についても同じであるが、脳の活動を低下させる薬がほとんどであり、本来の姿に戻しているのではなく、強引に脳を沈静化させ、縛りつけているのです。

 

多くの不眠症の患者さんは、眠気がない時に眠ろうとし、眠れないと感じてしまいます。

 

生命活動を客観的に考えると、お腹が空いた時に食事をする、便意がある時に排泄し、眠気を感じたら眠りにつくなど、これが基本的な行動ではないでしょうか。

 

私は、不眠の患者さんへ「眠気を感じたら寝てください。眠気がなければ、本でも読んで夜更かししてください。ただし、テレビやスマートフォンなどの使用はやめてください。」とお伝えします。

 

比較的、夕食後は眠気を感じ易いように思います。

 

時間によって、夕食が早いご家庭もあるかもしれませんが、このタイミングで寝に入ってしまうといいかもしれません。

 

その際は、お布団で寝てください。

 

たとえ、夜中にぱちっとメガ覚めても、気にせず、そのまま起きてください。

 

また本を読む時間に当てても良いと思います。

 

まずは、眠る習慣を再現することがとても大切です。


ブログメニュー




鍼灸薫風堂 | 名古屋市瑞穂区の鍼灸治療院


鍼灸薫風堂 | 名古屋市瑞穂区の鍼灸治療院
鍼灸薫風堂 | 名古屋市瑞穂区の鍼灸治療院
■ Address
 
〒467-0013
名古屋市瑞穂区膳棚町3-17
ハウジング101-106号
■ TEL&FAX
 
FAX兼用 : (052)838-6482

 

お問合せ


 

受付時間