長かった梅雨が明けて、夏本番へ?

長かった梅雨が明けて、夏本番へ? | 鍼灸薫風堂 | 名古屋市瑞穂区の鍼灸治療院

今年の梅雨は本当に長期間に渡りました。

 

8月に入って梅雨が明けた途端に患者さんの身体は大きく変化し始め、それまでの疲れが一気に現れるかのようです。

 

風邪を引く人、食欲が落ちてしまう人、頭痛がひどくなる人、月経が遅れる人など、コロナ関連で疲弊し始めているところに長い梅雨によって身体の内外において湿気が停滞し、邪気を溜め込んむ状態でした。

 

本来は、梅雨明けてさっぱりとしたいところですが、今年はそうもいかないようです。

 

二十四節気では、8月7日(金)に立秋、8月23日(日)に処暑を迎えます。

 

梅雨が明けたばかりでも、すぐに秋が見え始めています。

 

コロナに、異常気象、災害など、本当に注意が必要です。

 

一番大事なのは、自分自身の身体と心の健康を守ることです。

 

健康をコントロールすることを始めましょう。

 


ブログメニュー




鍼灸薫風堂 | 名古屋市瑞穂区の鍼灸治療院


鍼灸薫風堂 | 名古屋市瑞穂区の鍼灸治療院
鍼灸薫風堂 | 名古屋市瑞穂区の鍼灸治療院
■ Address
 
〒467-0013
名古屋市瑞穂区膳棚町3-17
ハウジング101-106号
■ TEL&FAX
 
FAX兼用 : (052)838-6482

 

お問合せ


 

受付時間