気の思想とは3

気の思想とは3 | 鍼灸薫風堂 | 名古屋市瑞穂区の鍼灸治療院

前回は心と身体が繋がっているというお話でした。

 

ここから話を広げていくと、陰陽論に繋がってきます。

 

陰陽論というのは、あらゆるものを陰と陽に分ける考え方です。

例えば、太陽(陽)と月(陰)、天(陽)と地(陰)、男性(陽)と女性(陰)、五臓(陰)と六腑(陽)など。

大きい陰陽の分け方で、これを太極といいます。

 

さらに細く分けると女性のような男性(陽中の陰)と男性のような女性(陰中の陽)などと、陰陽をまたさらに陰陽で分けていきます。

陰陽と分けながらも、大元は一つで陽から始まっているのです。

 

広義と狭義があっても、結局は一つということなんですね。

 

この大きな枠組は、私たちが行っている東洋医学の診断には欠かせない、八綱弁証という大きなフィルターとしてとても大事になってきます。

 

今日はこの辺で、また次回にしましょう。

 

 

 

 


ブログメニュー




鍼灸薫風堂 | 名古屋市瑞穂区の鍼灸治療院


鍼灸薫風堂 | 名古屋市瑞穂区の鍼灸治療院
鍼灸薫風堂 | 名古屋市瑞穂区の鍼灸治療院
■ Address
 
〒467-0013
名古屋市瑞穂区膳棚町3-17
ハウジング101-106号
■ TEL&FAX
 
FAX兼用 : (052)838-6482

 

お問合せ


 

受付時間