続く寒暖の差に注意

続く寒暖の差に注意 | 鍼灸薫風堂 | 名古屋市瑞穂区の鍼灸治療院

最近はとても暖かい日が多いですね。

 

GW中に立夏を迎え、ちょうどそのあたりからグーッと陽気盛んな日が続くようになりました。

 

もうすぐ小満を迎えます。

 

日中は暖かいというか暑いくらいですが、夜になるとまだまだ涼しいですね。

寒暖の差がまだまだ大きいため、なんだか体や胃腸が疲れている人が多いかもしれません。

夜に薄着で寝ていると、夜中に足元から冷えが入り込み、そのまま日中の陽気を浴びることで上半身は熱く、下半身は冷えているというアンバランスな状態に陥りやすくなります。

 

そして、そのような状態が続いていると、のぼせが増し、上半身症状が出やすくなります。

 

仕事がデスクワークで運動不足の人は下半身の気血の循環が悪くなっている場合が多く、筋力なども含めて、弱くなっています。

 

そんな方は、下半身の冷えにも弱くなっているため、単純な足の冷えだけならいいのですが、人によっては軟便、下痢などが出現し、食欲減退や体のだるさを感じて見える方もいると思います。

 

特に男性なんかは暑がりな人が多いので、日中暑いから冷たい飲み物をガブガブ飲んでいる方もいて、そのように胃も下半身も冷やしている方は、これから梅雨時期に向けて気をつけたほうが良いです。

 

もうすでにのぼせによる症状が出ている方は、冷たい飲み物(ビールも含む)、間食、薄着で眠るなどは控えましよう。

そして、食事は腹八分目に留め、適度な運動をして気血のめぐりをよくしておきましょう。

 

梅雨は湿気が多い時期ですが、基本的には日本は湿地帯なため、体はより敏感に影響を受けます。

この湿気は様々な病に対して、とても頑固に影響するため、何かの病気や症状が出る可能性もあります。

 

養生することが一番の治療法でもあります。

 

元気に健康で過ごすため、気をつけましょう。

何かあれば、鍼灸薫風堂にご相談ください。

 




鍼灸薫風堂 | 名古屋市瑞穂区の鍼灸治療院


鍼灸薫風堂 | 名古屋市瑞穂区の鍼灸治療院
鍼灸薫風堂 | 名古屋市瑞穂区の鍼灸治療院
■ Address
 
〒467-0013
名古屋市瑞穂区膳棚町3-17
ハウジング101-106号
■ TEL&FAX
 
FAX兼用 : (052)838-6482

 

お問合せ


 

受付時間