病因とは

病因とは | 鍼灸薫風堂 | 名古屋市瑞穂区の鍼灸治療院

東洋医学には、病の原因となるものを三つに分類している。

これは私たちが病を分析する過程においての疾病観の一つとなる。

 

その分類は、内因、外因、不内外因の三つである。

 

①内因とは、主に感情の変化と関係し、身体の内部から起こる。

 

②外因とは、主に六淫の外邪(自然界にある風、寒、暑火、湿、燥などの邪気)や疫癘の邪(伝染病など)が関係し、身体の外部から起因する。

 

③不内外因とは、飲食の不摂生や過労、疲労、虫獣に咬まれるなどが起因となる。

 

しかし、このように分類しても、仕切れない部分も出てくる。

 

患者さんも分かる範囲でこの疾病観を理解していると、受けている治療内容が理解できるため、目的意識を持って通院できると思います。

(聞きなれないため、難しいかもしれませんが、流し読みでも構いません)

 

次回から、この病因についてお話ししていきます。

 




鍼灸薫風堂 | 名古屋市瑞穂区の鍼灸治療院


鍼灸薫風堂 | 名古屋市瑞穂区の鍼灸治療院
鍼灸薫風堂 | 名古屋市瑞穂区の鍼灸治療院
■ Address
 
〒467-0013
名古屋市瑞穂区膳棚町3-17
ハウジング101-106号
■ TEL&FAX
 
FAX兼用 : (052)838-6482

 

お問合せ


 

受付時間